読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

namuamidabutsu’s diary

セブ短期留学に行ってきました! 旅行が好きです。

フィリピンの言語事情 セブで本当に英語の勉強になるの?

 

 

 

こんにちは

 

今フィリピン、セブへの短期留学は人気が高まってきていて

もしかしたら行ってみようかなと検討している方もいるかもしれないです。

 

 

ところでフィリピンでは何語が話されているか知っていますか??

 

英語の勉強できるんだから「英語かな~」と思う方もいるかもしれないです。

 

 

 

フィリピンの言語事情

マニラではタガログ語

セブではビサヤ語(またの名をセブアノ語)。

レイテ島ではワライワライという言葉

が話されています!

 

 

 

 

セブではビサヤ語(またの名をセブアノ)が話されています!!

そのため街中で人々が話していることはわかりません。

 

フィリピンでは幼稚園から大学まで

すべての授業を英語で行っています。

 

そのためみなさん英語がとてもよくできますが

日常生活ではそれぞれの言語を使っています。

 

 

セブの語学学校の先生方も先生同士で会話をするときは

英語ではなくビサヤ語を話していました。

 

 

 

今回セブ滞在中にネットを通じて知り合ったセブに住んでいる大学生の女の子と会いました!

彼女はレイテ島出身で大学でセブに来たそうです!

レイテ島ではワライワライというのを話しています。

彼女が言うに、日本の関西弁みたいなものだそうです。

 

 

彼女が、

セブでは英語もタガログ語も学校で両方勉強しますが、

マニラの方は学校でビサヤ語を学ばないので「不公平だ~」と言っていました。

 

 

 

実は私もセブに行くまで知らなかったです。

英語の勉強をしに行くからみんな英語を話しているのかな~とか思ってました。

 

ですが授業外では英語はあまり聞かなかったです。

 

日本人の学生は休み時間日本語で話し、

台湾からの方は台湾語で話し

先生方はビサヤ語を話しという感じです。

 

なので自分から他の方と話そうとすることが大切だと思います♪

 

 

私が行った学校は日本人の学生がとても多く(8割くらい)、

グループレッスンの5人の生徒のうち

3人が日本からの人でした。

 

 

 

そのような感じです!

 

拙い文章ですが読んでくださり

ありがとうございます。

 

 

さよなら~